プロフィール

株鳥風月

Author:株鳥風月
2003年より株式投資を始める。
詳しくは「はじめに」をご覧ください。

趣味:映画、音楽、読書など


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復活!

お久しぶりです。

一時、仕事が忙しくなり、書くことが難しくなったのとブログ専用に使っていたDELLのパソコンが壊れたためにブログ書き込みのパスワードなどすべてが不明となり、すっかり嫌気がさしてブログから遠ざかってしまいました。

もちろん投資の方は続けていましたが、最近の投資についていえばサブプライムローンの破綻問題はかなり痛かったです。

でも9月後半からの急騰で損失は取り返し、今は今年最大の利益を出しています。
10月に入ってからだけでも+200万円で、そのうち190万円は先週一週間だけの利益でした。

サブプライムローン・ショックから投資をまだ控えている人は、そろそろ買い出動を検討してもいいかもしれませんね。

ただもちろん安心ばかりとはいきません。

短期的には、日経平均が18、000円を超えたあたりで大きな反落が予想されるし、そこに至るまでも“やれやれ売り”が出て来ることは大いにあるでしょう。
先週、先々週などの上昇のしかたはそうでしたから。

さらにはもう少し長いスパンスで見れば、サブプライムローンの問題は解決には程遠い状況だということは常に頭の片隅に入れながら、いわば“恐々と”トレードを続け、小さい積み重ねで利益を取っていくのがいいようです。

以上の事を前提として、買い継続でいいでしょうか?

私は買い継続でいいと思っています。

その理由は、この間の株価上昇はサブプライムローン悪化による急落からの反騰に対する反動だとすれば、世界のマネーはその反騰の出遅れ株に注目しているでしょう。

米国株がすでに7月の高値を抜いてしまったのに対し、未だに7月末の株価と同程度のあたりをウロウロしている株の出遅れ感はいやでも目につくでしょう。

日経平均もジャスダックなど新興株も今年の最高値までにはもう少しノリシロがあるようなので、もうちょっとは稼ぐぞ、と。

ロスカットを忘れずに!
スポンサーサイト

今日の売買記録

今日の日経平均は+137.19(+0.82%)で取引を終えた。
9月初旬につけた16400円の高値を10月初旬に高抜けてからは、先週の小休止はあったものの、ほぼ一本調子で上昇している。

そして今日の動きもまた力を持っていた。
10時半まで一気に上げて、その後は2時までほとんど値動きがなかったが、そこから少し上げてまた少し下げたところで終了。

最後の下げはあまり良い感じはしないが、しかし前半の急上昇などまったくなかったもののように前だけを見て突き進む姿勢は評価に値する。

ただ2時以降の動きが16800円を市場に意識させたのだとすれば、この節目が一つの“壁”とならなければいいのだけれど。

ともかくも、今年後半のこの波に乗らない手はないだろうと先週から少しづつ、買いを入れている。

そのせいもあって今日1日だけの利益が150万円を超えた。
昨年後半のことを思えば金額的には別に驚くほどのことではないにしても、相場が自分の思ったように動くことは何事にも替え難い快感だ。

今日は手持ち株の中のエイチワン、OBC、トヨタ紡織、イオンモールを売って、益出するとともに関西アーバン、カヤバ工業、第一中央汽船、ローランドディーなどを買った。

残念だったのが三井不動産。
昨夜、2980円の指値で1000株買い注文を出していたのだが買えなかった。
もし値がそれより高ければしかたないが、今日の三井不動産は2930円で始まり、そこから2905円まで下げた後、今度は上昇し、3020円まで行ったのだが、そうした動きの中で2980円の指値が買えなかったというのが、どうもよく分からない。
新興株や低位株などなら需給関係で買えなかったというのはよくあることだが、今日一日の売買高が4,823,000株という三井不動産で買えなかったというのはなあ…。(イー・トレードさん)
まあ文句をいっても始まらないのでまた買い注文を出しておくしかないか…。

↓ランキングに参加しています。
人気blogランキングへ
↑こちらはやっと200位圏内に入りました。

にほんブログ村 株ブログ
↑こちらは100位以内を狙うところまで来ました。

応援、よろしくです。

今日、見つけた面白そうな2銘柄。

■5989エイチワン
まずは下のチャートを。
エイチワン

9月4日につけた1748円を上抜けしました。
ということで要注目です。

先日、同じように高抜けたマニーと同じようになるかどうか…。
マニー



■住友不動産販売
こちらはもう中期的な観点から。
住友不動産販売

まずはチャートを見ると上昇フラッグだから悪くはないです。
じょじょに切り上げている支持線と平行の上値抵抗線とが次第に狭まっていますが、それがもう少し進んで交わるあたりでは上抜けが期待されるところです。

ただこの銘柄に妙味を感じたのは、以上のようなテクニカルなこととは別のところにあります。
それは需給関係のことで、今日時点での信用売残118750株に対して信用買残が39110株。
つまり貸借倍率は0.33倍ということで、最近の銘柄によく見られるような売り戻し圧力が少ないということです。

またファンダメンタル的にも売上、営業利益、1株利益のすべてが少なくとも04.3期から08.3期(予想)まで一貫して伸びていることです。

唯一の欠点はPERが高いということです。
07.3期の予想PERは26.1です。

判断はご自分で。


↓ランキングに参加しています。クリックよろしく。
人気blogランキングへ
にほんブログ村 株ブログ

4月の市況と投資日記

【今日の市況】

日経平均はほぼ昨日に変わらず、上げも下げもせず17317円で終わりました。

上昇するのか下落するのか分からないといえば、小学生だってそういうだろうけれど、今日の動きはいろいろな点から見ても、迷っているとしかいえない場面ではないでしょうか。

売買代金や騰落レシオで見ても、どちらに振れてもおかしくない位置にあります。

ただテクニカル的には、18日終値17232円と19日始値17405円との間に空いた窓を埋めに行く展開になっているといえるかもしれません。

その意味ではまだ下げ切ってないといえるでしょう。

しかし、じわじわと底から積み上げていくような上昇こそが望ましいとすれば、この窓埋めための少しばかりの下げはむしろ歓迎すべきではないでしょうか。


【今日の取引】

1508 三菱マテリアル
2000株 買い約定

1605 国際石油開発石油
1株 買い約定

5707 東邦亜鉛
1000株 買い約定


↓ランキングに参加しています。クリックよろしく。
にほんブログ村 株ブログ
人気blogランキングへ

4月19日の市況

【今日の市況】

日経平均はやはり17日が底となり、そこから上昇トレンドに反転したようです。

ただ、その反発力がどの程度かとなると、いささか頼りないものがあります。

昨日、私が、反転する確率を6割としたのは、この上昇力の弱さでした。とするとこの勢いが4月7日の高値17563円を抜いて、大きなトレンドとなるかどうかとなるか、まだ疑問符がつくでしょう。

というわけで、とりあえずは17500円あたりを一つのめどと見ていいのではないでしょうか。

少なくとも20日に下げなければ、その上昇力はかなり強いということになるのでしょうが…。


【今日の取引】

1505 国際石油開発帝石
1株 買い約定

1506 東邦亜鉛
2000株 買い約定


【後記】
ここ数日、忙しくて株どころではない日が続いています。

手術の付添い、病院(担当医師、部位ごとの担当医師、麻酔医師、看護婦、事務etc)、警察、保険会社、職場、事故を起こした加害者などとのやりとりなどで朝から夜まで走り廻り、疲れきっています。

ま、でもこれも勉強です。
もう少しだからがんばらなくては…。


↓ランキングに参加しています。クリックよろしく。
にほんブログ村 株ブログ
人気blogランキングへ


強い相場には素直にしたがうだけ…

【4月7日の売買】

ケネディクス
2 株 売り

関西ペイント
2,000 株 買い。


【今日の損益】
利益  0
損失 -45,995
損益計 -45,995

今日の売買は2銘柄だけ。
保有株では伊藤園と住友鉱山が伸びている。

とくに住友鉱山は窓を開けのブレイク。
前日比75円高の1725円となった。
来週には2月6日につけた最高値1758円に挑戦するだろうが、ホールドか 売りか迷うところ。


今日の業種別上昇率を見ると、鉱業、石油・石炭、鉄鋼、非鉄、ガラス・土石など素材関連株が上位を占めている。

以前、このブログでも紹介したガラス・土石は依然として強いようだ。

素材といっても一まとめにすることはできないだろうが、鉄鋼を除けばこのセクターは2月中旬に大きな下げを経て、再び本格的な上昇期を迎えているのではないだろうか。

日経平均は今日も続伸。強い。
強いけれど、実感としては昨年秋以降の強さとは違う感じはいったいどこから来るのだろう。

ただ、そんなことにこだわっているよりも、この相場に合わせていく方が得策だろう。
ということで、来週から、また投資法を変えるつもり。

相場自体が強いのだから、ストレートな投資法で、スタンスとしては、ロスカットを少し甘くして、中期を展望するような投資法を考えている。

↓ランキングに参加しています。クリックよろしく。
にほんブログ村 株ブログ
人気blogランキングへ

日経平均は上昇、というのにさえない今日の投資日記

【今日の取引】

コムシスホールディングス
1,000 株 買い

コムシスホールディングス
1,000 株 損切り。

パシフィックゴルフGRP
10 株 買い。

パシフィックゴルフGRP
10 株 損切り。

三菱レイヨン
2,000 株 買い。

三菱レイヨン
2,000 株 損切り。

ビービーネット
100 株 買い。

ビービーネット
100 株 損切り。

フィールズ
5 株 損切り。

三菱瓦斯化学
2,000 株 損切り。

東邦亜鉛
4000 株 利益確定

日本発条
1000 株 損切り

オークマ ホールディングス
1000 株 利益確定

フジクラ
1000 株 損切り

(以上は分かりやすく並べたもので、実際の順ではありません)


【損益計】

損失  -377,218
利益   226,401
損益計 -150,817



【今日の反省】
東京市場は最高値をつけたというのに、自分の取引はさんざんだった。
これについての反省はまた別にして、やっぱり今の相場は少し変ではないですか?

数年来ぶりの高値を更新しているというのに、少しもその興奮が感じられないのは私だけだろうか?

確かに騰落レシオは123.4と限界ぎりぎりにまで来ている。

までも新高値銘柄数はわずか102。
ちなみに12月5日は450、1月10日は319、1月30日は234。
これに対して今日はその半分以下しかない。

そんなことをいっていても仕方ないので反省に入ります。

今日はほとんどが同じパターンでやられました。
一つの例、コムシスで見てみます。
(下は3日分の5分足チャート)
コムシス


寄り付きで上昇したところで買い注文が約定し、9時頃からは急落。
これにどう対処することができるだろうか?

仕事を持っていて、ザラ場を見ることができない人間にとって、こうした場合はどうしようもない。

最初の買い(あるいは 売り)については、前日の夜に指値(逆指値)を入れておくことができるが、その後に、たとえば○○円以下なら 売りと前もって、指示することができないからだ。

今日の取引結果から今後考えていかなければならない課題は二つある。
一つは、買った後の急落にどう対処すべきかということ。

もう一つは、日経平均はたしかに午前中の少しの下落はあったものの、その後はほぼ一貫して上昇していたのに、どうしてそうした株を選択してしまったのかということについて考えること。

これについては今日は時間的に無理だけれど、今後考えていきたい。

↓ランキングに参加しています。クリックよろしく。
にほんブログ村 株ブログ
人気blogランキングへ



今日の取引記録と市況

【買い】

三菱瓦斯化学
2,000 株 買い

フィールズ
5 株 買い

ケネディクス
2 株 買い

【 売り】

国際石油開発帝石
1 株 損切り

日本製鋼所
2,000 株 利確

オークマホールディングス
2,000 株 利確

オリックス
100 株 利確

良品計画
200 株 損切り


【今日の損益】
損失  -41,620
利益 +290,125
計  +248,505


【今日の反省】
損益結果だけ見れば、良かったと見えるかもしれない。

また、人によっては、一定程度利益が出たところで確定させるいことを「益出し」と呼んで、決してマイナスのことではないように考えるかもしれない。

しかし私にとって売るということはロスカット以外の意味はない。
この場合にロスカットには、たしかに2種類ある。

一つはいうまでもなく、損切りであり、これは仕掛けたものの、そのもくろみが外れ、損を覚悟で手仕舞うことである。

そして、もう一つは、トレイリング・スポットにおけるロスカットである。
これは仕掛けの初めの段階が無事経過したら、そこで利確しないで、ロスカットを次第に高めていって利益の幅を徹底的に追求する方法である。
したがって、ここでは売るということは、上昇トレンドが崩れたことであり、利益を上げてくれる保有株を失ったことを意味する。


オークマとオリックスはこの間、追いかけてきたものだから、これを手仕舞うのはさびしい。
この二つともは、今日の日経平均と似た動きをしており、午前中は高く、午後は日経平均よりも大きく下げ、5日移動平均線を割ってしまった。

日経平均も、ということは概ねほとんどの株がそうだったのろうが、午後に大きく下げたのが2時40分過ぎに最安値をつけた後、反発し、そこで引けたかたちになっているので、明日の寄り付きは上昇して始まかもしれない。
しかし、もしそうだとしても、その反発力がどこまであるのかは疑問だ。

日経平均でいえば昨日の終値17290を割って、17200円に達してときは、さすがにV字型に急反発したが17250円まで来ると、もうその力が弱まっているように見えるからだ。

ところで明日以降、東京市場がさらに下げる可能性はあるだろうか?

少なくともテクニカル的にはある。
25日移動平均線からの乖離が大きくなっているからだ。
その“加熱ぶり”を示すものとしては、騰落レシオが3月28日に119.4をつけていることを銘記しておきたい。

12月21日の125.8
1月5日の120.6
1月27日の120.2
2月27日の104.0

以上の数値を出した後、日経平均は1週間から1ヶ月程度の調整に入っている。

今は、3月28日からの下落途中と考えれば、まだまだ下げる可能性はあるといえる。

もちろん、何度もいているようにファンダメンタルでは問題ないので長期トレンドはまだ生きていると思うが…。

↓ランキングに参加しています。クリックよろしく。
にほんブログ村 株ブログ
人気blogランキングへ

今日の売買記録

今日の東京市場は日経平均、ジャスダックともに少しの下落。
というより昨日のあの怒涛の上昇の後なのだから、ここは“調整”といっておこう。

日経平均については17270円のあたりに支持線ができたらしいことを見ておきたい。
と同時に上は17400円が抵抗線になったような気がする。

せっかくボックスを抜けたのだから、またボックスはないと思うのだが…。

【今日の売買】

今日は午前中、家にいたので、自分としては売買が多い日になった。
買いと 売りを分けて書くと何がなんだか分からなくなるので、今日は時間経過に沿った売買記録を。


ドリームテクノロジーズ4840
50 株 買い。

レイ4317
2,000 株 買い。

国際石油開発帝石1605
1株 買い。

住友不動産8830
1,000 株 買い。

良品計画7453
200 株 買い。

古河電工5801
2,000 株 売り。

グッドウィル4723
20 株 売り。

日本発条5991
2,000株 買い。

日本発条5991
2,000株 売り。1478

国際石油開発帝石1605
1株 売り。

国際石油開発帝石1605
1株 買い。

レイ4317
2,000株 売り。

アマダ6113
2,000株 売り。



何だかドタバタしていますなあ、我ながら(汗


で、その結果は
利益 129,380
損失 -163,763
計  -34,383
(買い持ち越し 3銘柄[今日、買い付けたもののうち])

って、おい、マイナスかよ…。

以上は楽天証券のみの取引。今日はイートレでも、

フジクラ 5803
1,000株 買い

日本発條 5991
1,000株 買い

テレビ東京ブロードバンド 3786
1株 買い

を売買しました。

こちらはすべて持ち越し。


【今日の反省】

1.ロスカットー初めは繊細に、次第に大胆に!

この一番大きな敗因はグッドウィルがマイナス8万円を出してしまったこと。
ここにはロスカットの間違いがある。
いきなり108,000円に設定したのはどうみてもまずい。
ここは昨日の終値110,000円でよかった。

ロスカットは初めはきつめに、利が乗り始めたら徐々にゆるめにしていくのがいいと思う。
そうすれば損失は小さく、利は大きくすることができるだろう。


2.自分の売買高に見合った株銘柄を選ぶこと。

昨日の反省から、今日はほとんどを逆指値の成行で売買してみた。

アマダ、日本発条、グッドウィル、古河電工などほとんどは条件価格で約定されていた。
よって、これからは(とりわけ一部上場銘柄などは)成行買いで問題ないと思う。

ところがレイで問題が起きた。

まずは成行で買いを出していたため、寄り付きで買ったわけだが、この553円という値は一日のうちのもっとも高値であり、それも一瞬だけつけた値であった。

何もその一瞬を狙って買わなくてもといいたいが、それはしかたないこと…。
それよりも問題なのは、 売りに起きた。
2000株を「540円以下なら成行で 売り」と指示していたのだが、実際の売買は、

1300株 530円
 400株 529円
 300株 525円

と記録されている。
売買代金の少ない銘柄は株価が急騰(急落)すると、株が不足してこんなことになってしまうことがある。
そのため私は一部市場を中心に銘柄リストを作っていたのだが、今日はリストにない小型株に手を出してみたのだが、そのとき、売買代金のことをすっかり忘れていたのだった。

ちなみにレイのこの1ヶ月間における一日平均平均売買代金(終値ベース)を計算してみると約1400万円った。

私の売買代金は200万円は7分の1ということになる。

これではスムースに売買ができるわけがない。

今後は自分の売買対象リスト以外の銘柄を売買するときには、売買代金を必ず確認することにしよう。

↓ランキングに参加しています。クリックよろしく。
にほんブログ村 株ブログ
人気blogランキングへ

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。