プロフィール

株鳥風月

Author:株鳥風月
2003年より株式投資を始める。
詳しくは「はじめに」をご覧ください。

趣味:映画、音楽、読書など


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資法について思うこと

日経平均は今のところ、コメント欄の@@@さんも私も予想可能な範囲で進んでいますね。

ところでこのブログで毎日の動きを追うことにそれほど関心があるわけではありません。

わたしが今、すごく関心を持っているのは、これは仮題ですが「株式投資理原論」を書くということです。

最近、カフェで本を読んでいても(今日は中原みすずの『初恋』買って読んでました)、電車の中で新聞を読んでいても、家に帰ってGyaOdeでアニメ版『ガラスの仮面』を見ていても、そんなことを考えてしまいます。
断片的にはいくつか思うことがあるのですが、一番大事な実践編がまるでできていない…。
その解はいくつかのものをどう<つなぐ>かにかかっているということは分かっているのだけれど…。

とまあ、こんなことを考えているうちに、何も完成編だけが意味を持っているわけではなく、その考えのプロセスそのものにも少しは意味があるのではないかと思うようになりました。

今日も本屋で株本関係の棚をずっと見て回りましたが、雑誌やムック本で多いのが「プロが選ぶ今すぐ上がる株100選」みたいなもの。

私の隣にいた二人の30~40歳台のサラリーマン氏は二人ともそんな本を見ていました。

私は心の中で「また、二人がカネを株式相場という墓場に捨てにいく…」と思っていました。

というのも、こんな安易なやり方で儲けられるなら誰だって儲けられますから。


以前、株投資セミナーに行ったことがありましたが、前半の株式相場をめぐる国際・国内環境の話のところでは参加者は聞いているのか、寝ているのか分からないくらい静かでしたが、最後の講師が推奨銘柄をいくつか挙げ始めたら、みんな筆記用具を出して必死にメモしまくり、会場はいきなり興奮の坩堝(るつぼ)と化してました(笑

あるところでこうした講師の人が書いていましたが、ある時、昼間にセミナーを開き、具体的な銘柄を挙げ始めたところ、もう皆さん、最後まで聞いてなくて、ケータイで発注したり、廊下に出て電話とか、大変な騒ぎになったそうです。

この時は、もしかしてこの参加者の人たちは儲けたかもしれません。
しかし偶然が続くことはないのだから、この人たちはたぶん今頃は株を止めているか、樹海に入っているかどちからかのような気がします。


これはもういうまでもないことだと思うのですが、株式投資でもっとも重要なことは投資法を確立するです。

投資法とは、恒常的にリターンを生み出す投資の方法ということです。

これには一般的なものはないでしょう。デイ・トレードとバリュー投資法とがまったく異なるように。

この投資法については罫線、酒田五法、移動平均線、サイコロ、トレンド、ボリンジャー、RSIなど古今東西、さまざまなものが考案されましたが、この方法をやれば確実にリターンが得られるというものはない(よう)です。

私が考えているのは、これらに一つ付け足そうということではなく、主にファンダメンタル、テクニカルという投資理論を体系づけることです。

そんなアカデミックなことに何の意味があるのか、問題は儲けられるかどうかだ、という意見もあるでしょうが、当然、そのために私も考えています。

まあ、要するにこれから、このブログに考えのプロセス的な意味で、投資法に関することを少しづつ書いていこうかなと思っているという、これがそのプロローグです。



↓ランキングに参加しています。クリックよろしく。
人気blogランキングへ
にほんブログ村 株ブログ


スポンサーサイト

コメント

>暴落した時にロスカットで損切りする場合は、その人はそうしたリスク管理をしていたからでしょう。

今回のように需給の調整なら明らかですよ。
日経平均が約1.7倍になったのですから、個別の銘柄では倍以上になったものも少なくないです。
つまり1.7倍という過熱感を感じれば調整無しに買いに回る事はないのです。
上げるほど株数を減らしていく、暴落があると底値を狙い買っていく。
底値で買った場合は逆張りで、上げる過程で買えば順張りです。
今回の暴落も需給の調整が進めば株価は上がって行くでしょう。
私がやっている目先の値動きで売買するデイトレやスイングはもっと短いサイクルで考えます。
どの投資方法でも高値で売る事が大切です。
利益が出たものを売る事でキャッシュになりますから暴落は絶対に無い一番のリスク回避となりますし、今回のような暴落はチャンスとなります。

>良い国作ろう鎌倉幕府 さん

暴落した時にロスカットで損切りする場合は、その人はそうしたリスク管理をしていたからでしょう。

リスク管理は投資方法の重要な一角を成すものですよね。

また、この人の投資方法はおそらく順張りなのだと思いますが、順張りとはこれまた投資法そのものですよね?

逆に買い時が来たと考える考え方を逆張りというのでは?
そして逆張りはまた投資法に他なりません。

順張り、逆張りという投資方法(もちろん別の投資法でも構いませんが)を自らに課すことによって初めて、ある状況に対して売りか、買いかの判断が出てくるのではないでしょうか?

「長期か短期か」以上に前もって決めておかなければならないスタンスは「順張りか逆張りか」ではないでしょうか?

方法なき買い(または 売り)判断がどのように恒常的にリターンを得ることができるのでしょうか?
私にはよくわかりません。

方法の前に

物事の考え方かもしれませんね。
株価が暴落した時に大損すると考える人と買い時が来たと考える人。
逆に株価が暴騰した時に買う人と売る人。
この違いを実行出来る人は勝ち組に入れるのでしょう。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tousinokokoro.blog47.fc2.com/tb.php/115-f4a401cd

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。