プロフィール

株鳥風月

Author:株鳥風月
2003年より株式投資を始める。
詳しくは「はじめに」をご覧ください。

趣味:映画、音楽、読書など


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中原みすず『初恋』を読む。

この小説を元にした映画『初恋』(監督:塙幸成、出演:宮あおい/小出恵介)の評についてはすでに16日記事に書いたとおり。

今度はこの原作である小説を読んでみた。

この小説を読みながら「若書き」という言葉を思い出した。
若書きというのは、一般的には若い人が書いた、よくいえば“若さ”、悪くいえば稚拙さの残る文章を指すが、面白いのは、この若書きは、書き手の年齢に限らず、ものを書き始めてからの年数が短い人の文章に表れるある種の“若さ”を指していう。

ただ後者の場合に使われる場合の若書きは稚拙さよりも、概ね歓迎の意を持って迎えられる感があるような気がするけれど。


中原みすずは小説に自分のプロフィールを載せていないけれど、私小説風の内容やあとがきなどから推測できるように、あの事件の渦中を生きた人とすれば、決して若いとはいえない年齢の人と思うが、それでも、この小説を読みながら“若書き”という言葉を想起してしまったのは、小説の言葉が言葉自身として立っていないと感じられるからだが、ただだからといって、そこから「稚拙だ」といった感想を己に禁ずるようにして読み進めようとしたのは、いったいどういう力が働いていたのだろうかと自分自身が訝しく感じられた。

まずは映画とのからみでいえば、原作である小説の方には映画に描かれていないことも書かれているし、映画は故意にカットしたり修正したりといった部分を知ることもできたので、その分は読んで損はない。

逆に小説にはなくて、映画だけにあるというものもある。
その詳細は省くが一つだけ、もっとも重要なところを挙げれば(というのも、この部分は私の映画評の中でもっともこの映画の優れているところだと紹介した部分だからだ)、現金輸送車の強奪後、主犯格の男と待ち合わせ場所で落ち合うシーンの二人の“触れ合い”のことである。

これについては映画評に書いたとおりだが、この点において映画は原作である小説を超えた表現となったといえるのではないか。

映画は小説の中から自分の気に入った部分だけを取り出し、張り合わせた、いわばデクパージュであり、だからその点においてもすでに小説とは異なる価値を持った一つの世界をつくっている。

小説の方は作者の生い立ち、家族という<血>の系列が横軸として設定され、もう一方にはこの忌まわしい家族を断ち切るものとしての3億円事件、そしてそこから生じる「初恋」が縦軸として設定されることで“面”への展開を図った感がある。

これに対して映画の方は、横軸を可能な限り縮小し、付随する枝葉を捨象することで、徹底的に“線”としての展開を図っているようだ。

そしてこの線形が物語の純度を高めている。

小説を読むと映画では描かれなかったいくつかの細部が網の目のようにつながっており、それが小説の面白さをつくっているが、映画の方はあえて、その面白いところをカットすることで、監督の描きたいものだけに集中した。
この集中度が映画に勝利をもたらしたのではないかと思う。


映画『ダヴィンチ・コード』が公開されてから、すでにその前に少しブームをつくっていた原作本が再び本屋の店頭に大々的に並べらており、『ユダの福音書』といった関連本も含めてブームになっている。

もしかすると『初恋』も原作→映画化で終わるのではなく、これをきっかけにもう一度、今度は事実としての3億円事件に光が当てられ、そちらに関心が出てくるかもしれない。
そして、今度は映画『初恋』の原作本としてではなく、今度は「府中強奪3億円事件」についてもっとも注目すべき本として再び光が当てられることを期待したい。


↓ランキングに参加しています。
人気blogランキングへ
にほんブログ村 株ブログ
スポンサーサイト

コメント

更新して下さい!

次のブログを楽しみにしています。

世界経済

株鳥風月の現状分析。
待っています。。 。

日経平均予測

外しましたぁ 笑

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tousinokokoro.blog47.fc2.com/tb.php/116-2205bd04

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。