プロフィール

株鳥風月

Author:株鳥風月
2003年より株式投資を始める。
詳しくは「はじめに」をご覧ください。

趣味:映画、音楽、読書など


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「香港大富豪のお金儲け 7つの鉄則」(林和人著)を読む

■本を読むってやっぱりいいものだ。

ここ4年ほど集中的に株のことを勉強し、同時に実践してきたが、今年の夏に入って仕事が忙しかったせいもあるが、何か糸が切れたように株から関心が離れてしまった。
私の生き方のパターンはあることに興味を持つと、それに集中し毎日、朝から夜までそのことを考えてしまうという生活が3年から5年続く。
そしてある程度満足できる状態に達すると急速に関心が薄れていくというパターンである。

株についてもそんな感じがしていた。
自分では株で得た資産に満足したわけではないけれど、株に強く関わり続ける生活がその他の楽しいことから見ると決して楽しいものとは思えなくなってきたといいうこともある。
これは人によるだろうけれど私にとっては週に2、3本の映画を観、毎日、かかさず本、特に小説や漫画を読み、音楽を聴くという習慣が何週間も崩れると無意識のうちにストレスがたまっていき、そのうちに爆発してしまうらしい。

と、そんなことで株から身もココロも離れてしまっていた数ヶ月だったが、最近、「香港大富豪のお金儲け 7つの鉄則」)林和人著)という本を読んで、また「お金」の世界も面白いなと思った。


■なるほどと思ったところを抜粋すると…

林氏は中国株などに強いユナイテッドワールド証券を設立し、現在は同グループ代表。

若い頃、岡三証券香港法人に出向したことで香港の大富豪たちと知り合いになり、彼らから学んだお金持ちの秘訣を自分に応用することで自分も10年あまりで会社を買い取るほどの資産を築くようになった。
本書は、大富豪たちに直接つき合った人だけが知り得た哲学と林氏自身の若き日からリッチになるまで、そしてその後までが語られており、お金持ち本+人生論のような体裁になっている。

といえば、「ユダヤ人大富豪」を思い出すかもしれないが、あちらはあまりにも“きれいな”物語で、金持ちになってしまったひとには心地よくても、これからお金持ちを目指そうという人には“ココロに毒”かもしれない本であるのに対し、こちらは、大富豪たちのカネに対するすさまじい執着ぶりが書かれている分だけ納得もするし、ハウツーを書かれている分、お買い得かも。

以下に、本文からいくつか面白かったところを抜粋しておこう。

① 大富豪の一人、コン氏に著者は熱心に株購入を勧めるがまったく相手にされない。で、たまたまその当時(1991年)、出された日経平均オプションのことを話すと、コン氏は即プットオプションを大量に買ったという。

また1997年、6月のタイ通貨危機に端を発するアジア経済危機が起きたとき、香港最大の投資家タム氏は香港市場で集中的な売りですべての持株を売却した。
この時点ではタイ通貨危機が香港市場に影響をもたらすとはほとんどの人が思っていなかった。

* つまりコン氏は日本株がその先、まだまだ下落することを確信していたのだろうし、タム氏も同様に自分の情報と今後の方向に揺るぎない自信を持っていたということになる。
二つのケースからいえるのは、彼らは常に相場を相対化する視点を持っており(換言すれば、自分が投資している市場をもっと広い視野に置きながら、客観的に見る目を持っており)、また必要と判断すれば迷わず果敢に行動するという共通点をもっているようだ。

② 資産は不労所得で稼ぐ
大富豪の富のほとんどは不労所得によって得られている。不動産投資と賃貸収入と株投資と。
ただ就労所得を持たない人生はひずみを生じさせる。

*不労所得こそが金持ちへの絶対条件というのはロバート・キヨサキの「金持ち父さん」以来、常識になっているが、それでもやっぱり同時に汗して働くことによって生のバランスを取るという著者の意見には共感する。

③ 感情に流されず、「経済的合理性」を第一に考えた行動をすること。

④ 大富豪たちはベンツを好む。なぜならベンツはポルシェやBMWなどより流動性が高いために、売るときには20~30%程度高く取引されるから。
大きな資金を動かす場合には流動性の高さをまず考えるということ。

* これは私も今年のライブドア・ショックの時、思ったこと。
流動性の低い新興株は売ろうとしても値がつかず、しかも指値オンリーだったから大損害を蒙ってしまった…。
だから最近は1部市場の売買代金の大きい株が取引の大部分を占めるようになった。

⑤付き合う人物を選ぶ3つの基準
ハードワーク、インテリジェンス、トラストワーシィ・ピープル
つまり、よく働いて、知識に富み、裏切らないこと。

⑥大老賽(だいろうさい)に続け
大老妻とはトップを走るボスということ。
華僑投資家の大老妻といえば香港一の資産家、リー・カーシン氏。例えばリー氏が中国本土のホテルに投資している情報を聞きつけると華僑投資家たちもすぐそれに続くという。

*そういえば、バフェットが中国のペトロチャイナ株を買ったという噂が広まったら、世界中の投資家がそれに続いたことがありましたね。

⑦一極集中投資こそ王道
分散投資では資産は増えない。リスクをとらないで利益を追求することは論理的にありえない。
といって、もちろん著者は危険なギャンブル的な投資を主張しているわけではありません。

*最後の相場師といわれる是川銀蔵氏の伝記を読んだとき以来、あるいはジョージ・ソロスのイギリスを相手に戦った伝説のポンド売りの話を読んだときも、私も「一極集中投資」こそが投資の真髄だと思った。
もちろん、そこに行くためにはよほどの勉強をしなければいけませんが。
投資家は常に現実的でなければならないけれど、一つ許される夢があるとすれば、是川氏やソロス氏のような一世一代の投資をしてみたいもんだと!

⑧国境を越えて投資する
著者はこれから経済成長する国の3つの条件として、
・若い世代の人口増加率が高い
・規制緩和など社会状況の変化がある
・財政が黒字か、黒字に向かっている
 を挙げる。
そして、それに当てはまる国はどこか?

そこまでいうと営業妨害になりそうなので、その続きは本屋さんに行って…(笑


と長々と書いてしまったのは、それだけ刺激を受けたから。

投資に疲れた人がもう一度、元気を取り戻したいときなどに読むと、リゲイン数本分くらいの効き目があるかもしれません。


↓ランキングに参加しています。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 株ブログ


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tousinokokoro.blog47.fc2.com/tb.php/127-e238fc7d

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。