プロフィール

株鳥風月

Author:株鳥風月
2003年より株式投資を始める。
詳しくは「はじめに」をご覧ください。

趣味:映画、音楽、読書など


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレンドかレンジか?

投資家の多くはトレンド・フォロー(順張り)と思われるが、ではトレンドにない株を何というかというと、レンジという。

トレンドは一方向に株価を上昇、あるいは下落させていくから利幅を取りやすい。
逆にレンジでのトレードは一般的に利幅は小さい。
しかし、その反面、それがレンジの範囲にある間は安心感がある。

今日はこんなのを見つけた。
丸紅。
丸紅

株価はこの半年間、640円と540円の間を上下している。
そろそろ下限に近づいているかも。

レンジから見ると、トレンドとはレンジを抜け出たものといえるかもしれない。
そんな銘柄を一つ。
住友重機。
10月中旬から上昇し始めた株価は11月に入ると、レンジを抜け出て上昇トレンドとなっている。
住重


一般的にチャートはトレンドかレンジのどちらかということになるが、このチャートを見れば、トレンドの一部はレンジの中にあり、レンジの一部はトレンドそのものであるともいえる。
そのようにトレンドとレンジは相対立する概念でありながら、お互いに共有し合っているところが面白い。

面白いといえば、上の住友重機のチャートでトレンドとレンジの交わる二つの部分、つまり6月前後のところと11月初旬のところで、両者ともに窓を開けてトレンドからレンジ、あるいはレンジからトレンドに転換しているところは注目だ。

窓開けが株価の強意を意味するとすれば、トレンドからレンジに、あるいはレンジからトレンドに転換するときにはそれなりのエネルギーが必要なのかもしれない。

↓ランキングに参加しています。クリックよろしく。
人気blogランキングへ
にほんブログ村 株ブログ


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tousinokokoro.blog47.fc2.com/tb.php/134-72868e3b

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。