プロフィール

株鳥風月

Author:株鳥風月
2003年より株式投資を始める。
詳しくは「はじめに」をご覧ください。

趣味:映画、音楽、読書など


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週の株価の動きにテクニカル分析の難しさを思った

株の動きを予想するのはやはり難しいものだ。
というよりそれは予想すべきものではない、と思わされたのはいったいこれが何度目のことか。

というのは先週の火曜、水曜の動きを指している。

具体的にはどの銘柄でもいいのだが、例えばソフトバンクのチャートで見てみる。
ソフトバンク


先々週金曜に続き、明けての月曜にも2300円を割って、このまま下げると思われていたのが、火曜日には大きく反発して2355円に上げ、水曜には少し下げたものの2330円をキープした。

問題はここである。
この先、株価はどうなるのかが難しかった。

まず、ここで注目したのは75日移動平均線。
火曜からの反発がちょうどこの移動線を挟むように行われたものだから、移動線が一つの支持線と機能していたと見てもいいだろう。
その支持線である75日移動平均線を少し割って、再び戻したのだから、ここから上昇に転じる可能性が出てきたと見たのは私だけではないだろう。

しかも、この考えに力を与えたのは様々な指標だった。
スローストキャもRSIもみな下落から上昇への転換を示唆していなかったか?

それだけではない。
私が手がけていた銘柄(一部上場)のほとんどが、オシレータなどを見る限りは「売りから買い」へのシグナルを発していたし、何よりも日経平均がトレンドの転換を示していた。

私は最近、自分で作ったトレーディング・システム(もどき)によって売買を判断しているが、ここでは「売り継続」であったにも関わらず、この日は以上のような状況を見て、慌てて買いに転じてしまった。

ところが、ここから先はご存知のように、水曜をピークにまたも下げに転じてしまったのだった。

以上のことから二つ、思ったことが。

一つは、テクニカル指標に示されるように、今の相場は「下げすぎ」の水準に達しているけれど、では反発→上昇へ向うかとなると、そこまでの力はないということを示しているのだろうということを。

もう一つは、テクニカル指標というものは、この時のようにこれほど強力な方向感が出ていても外れることがあるのだから、過信してはいけないということを。
もっとも、こうした反省は何度もしてきたはずなのだけれど。

東京市場に強力なトレンドが現われるのはまだもう少し時間がかかるだろう。

ただ、東京市場が欧米やアジアの市場に比べて伸び悩んでいる、つまり割安になっていることも一方にあることある。
この低迷からの浮上は、業績予想に慎重な日本企業が業績修正をいつ、するのかにかかっているようだ。

【後記】
個人的なことだが、先週で仕事の忙しさのピークを過ぎた。
後、もう少しその後片付けがあるだろうが、少しは暇ができそうだ。
そうしたら株の方ももっと力を入れて取り組みたい。

と思って、今日は月曜に向けて2000万円ほどの注文を出してしまった。
一度に出すにはちょっと多すぎのようにも思うが、まあ失敗すればまたそれを反省材料にすればいいかなと。

ブログの方もボチボチ書いていきたいと思っていますので、よろしく、です。

↓ランキングに参加しています。クリックよろしく。
人気blogランキングへ
にほんブログ村 株ブログ


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tousinokokoro.blog47.fc2.com/tb.php/135-5c42a02e

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。