プロフィール

株鳥風月

Author:株鳥風月
2003年より株式投資を始める。
詳しくは「はじめに」をご覧ください。

趣味:映画、音楽、読書など


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月22日はこうして記憶にとどめておきたい相場となった

昨日のブログで「ソフトバンクの反発は間近か?」と書いたら、その通りになってしまった。

それどころか、今日の東京市場はほぼ全面高。
リバウンド狙いで大きく儲けた人も、含み損の拡大に歯止めがかかって喜んでいる人もいると思うが、今日の相場は、そうした儲けた/損したということの他に記憶にとどめておくべき、いや、記録しておき、時間がある時にでも分析しておきたいような相場だったと思う。


忘れないうちに、以下にいくつかの「課題」を列挙しておこう。
その課題に答える、もしくは答えようと努力することは、今後のトレードにきっと役立つことと思う。

以下のことは、職人的にトレードをしている人からすれば、何を簡単なことをいっているのかと笑われるかもしれないので、少しつけ加えておきたい。

以下の課題はただのトレードを前提とした問いではなく、システムトレード(もしくはそれに近いもの)的なトレードを前提として考えておきたいといいうことである。

具体的にいえば、「22日のことは罫線がこうで、オシレータがどうだった。そこにそうした兆候があったよ」などといった、いくらでも“語れる”ところにあるわけではなく、一定程度の長期間に、この数字をクリアしたところでは、こうしたことの生じる可能性は何%の確率で起きているといった、こうしか“語れない”<もの>が欲しいということに他ならない。


(1)リバウンドの大きさは何によるのか?
一例として、日経平均と同じような動きをしてきていたソフトバンクが、今日の日経平均の前日比1.14%だったのに比べて、どうして8.41%も上昇したのか?
(ここ3ヶ月間の比較でいえば、日経平均とソフトバンクとはそれほどの差があるわけではない。)
softbank


(2)22日の反騰を何によって予測することが可能だったか?

リバウンド狙い、あるいはリターン・リバーサル投資法は昨日の段階で、どのような判断基準で可能となったのか?
移動平均、騰落指数、RSI、ストキャなどの指標によって、過去に遡って検証すること。


(3)テクニカル的な上昇のそのテクニカルを読み切ること

昨日は全面的ともいえる上昇だったが、ファンダメンタルにも需給関係にも大きな要因がなかった。
つまりはテクニカルな反発だったように見える。
にもかかわらず、今回の上昇は一日だけ上げて、すぐに売りに押されてしまう動きと違うものが感じられるのはいったいどうしてなのか?

以前、このブログであるトレンドから次のトレンドに転換する過渡期を決定づけるのはテクニカルではなく、ファンダメンタル、それも主にマクロであろうといったことを書いたが、今回のようにテクニカル中心による大きな動きがトレンドの転換となり得るのかどうかに注目したい。
明日以降、そうなった場合にはその要因はテクニカルなところにあるはずだから、その要因(指標などに現われたもの)を見出すべき。


(4)トレンド・フォローかカウンター・トレードか?

一般的にいいえば、トレードのまず最初の出発点は長期か短期か、あるいはトレンド・フォロー(順張り)かカウンター・トレード(逆張り)かといった立場を決めることだといわれている。
長期/短期については今回は書かないが、私はあまり意味がないと思っている。
問題はトレンド・フォローかカウンター・トレードかということ。

この二つは明らかに異なる態度であり、曖昧にできないものであることは私も知っている。
しかし、今回の相場の動きには、この一見、二律背反的な問題を違う観点から見る必要を感じさせられらた気がする。

それは、簡単にいえば、こういうことだ。
株価の動きというのは振り子に似ていて、それはいつも<行き過ぎ>る。
あるモーメント(勢い)をもった株価は例えば下落すれば、適正な株価を通り過ぎてまで下落してしまう。
この一方向に動きやすいという特徴がトレンドフォローの根拠となっていることはいうまでもないだろう。

そして<行き過ぎ>ることから、今度はその反動がやってくる、そこにカウンタートレードの根拠がある。

一般的にはトレンド・フォローの立場を取る人は主にその立場に固執し、カウンター・トレードの立場を取る人もまた同様だ。
ジェイコム株で有名になった「BNF」氏やデイトレードで何冊かの本を出した「迷える子羊」氏なども逆張りを得意としているようだけれど、BHF氏は05年後半はさすがに、ただ買いまくっていたというから、逆張り一本とはいえないかもしれない。
しかし、トレンドフォローと逆張りとの二つを同時期に使うということはなさそうだ。

ここで私が考えたいのは、今回のような相場ではトレンドフォローから<機械的に>カウンタートレードに転換する方法の可能性のことだ。
それが常にあり得るかどうかは分からない。しかし、少なくとも今回の相場にはその可能性へのヒントが含まれていたと思えるのだ。


↓ランキングに参加しています。クリックよろしく。
人気blogランキングへ
にほんブログ村 株ブログ


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tousinokokoro.blog47.fc2.com/tb.php/137-72a304a3

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。