プロフィール

株鳥風月

Author:株鳥風月
2003年より株式投資を始める。
詳しくは「はじめに」をご覧ください。

趣味:映画、音楽、読書など


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「世界同時株安」からサブプライム問題へ

今日も日経平均は下げて、大きく15000円を割りました。

いったいどこまで下げるのでしょうか。
過去3年間のチャートから現在の位置を確認してみましょう。
071122-2.jpg


これを見ると2006年6~7月の15000円割れが視野に入ってきます。

テクニカルで見てみると、スロー・ストキャによると、そろそろ反転する感じがしていますが、一目均衡表を見ると完全に雲を下抜けてしまっていて、これはかなり危険な状態にあることを示しているようです。

マクロ的に見ると、2006年は年明けにまずライブドア・ショックでそれまでの上昇トレンドが崩れ、続いて5月に入ってからは「世界同時株安」で完全に下落トレンドに転じた年でした。


世界同時株安こそは2004年以降の上昇相場に慣れていた日本の投資家にマクロの恐ろしさを再認識させた大きな事件でした。

この事件の概要は、過剰流動性にあった世界のマネーが米国の金利上昇によってピークを打ち、資金を諸々の相場から引き上げたことからきたショック=暴落でした。
(詳細はこちらを)

思えば今のサブプライムローン問題はここから引き続く問題であり、とすれば世界の投機マネーの収縮による株式相場の暴落という構造は06~07年と続き、さらには08にも引き続く可能性が高まっているような気がしています。


【後記】
今日は目の手術を受けてきました。
目を切開して人工の水晶体をはめ込むという手術でした。
手術前の説明では(局部)麻酔で痛みはないとのことでしたが、私は麻酔があまり効かない体質らしく、終始痛みが続きました。
痛みに加え、目を閉じられないように固定された瞳に強い光源を当てられ手術中、それをずっと見ていなければいけないというつらさ、これはもう拷問といっていいかと思いました。
手術そのものは10~20分くらいでしたが、この10分がどれくらい長かったことか!

タクシーで自宅に帰り、布団に横になり、好きなときに目を閉じられるということ、そんな幸せを初めて知った一日でした。

目が疲れるので、今日はこんなところで失礼を。

ランキングに参加しています。↓クリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへにほんブログ村 株ブログ
スポンサーサイト

コメント

HD DVD

未経験でも日銀短観で30代,40代の転職

日銀短観とは、日本銀行が四半期ごとに企業活動を把握するために3月、6月、9月、12月に全国の企業を対象に行なう調査で翌月に公表される http://zinnia.catvtestchips.com/

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tousinokokoro.blog47.fc2.com/tb.php/164-faf46abd

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。