プロフィール

株鳥風月

Author:株鳥風月
2003年より株式投資を始める。
詳しくは「はじめに」をご覧ください。

趣味:映画、音楽、読書など


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人は先天的に善なのか、悪なのか?

人は先天的に善人である(性善説)、いや、先天的に悪人である(性悪説)という論争は孔子の頃から行われているので少なくとも2500年くらいは続いているのでしょう。

今日、見たニュースはこの論争に決着をつけるかもしれません。


「【11月22日 AFP】「赤ちゃんは、他人を妨害する人よりも、助けようとする人を好む」との研究結果が、22日発行の英科学誌ネイチャー(Nature)に発表された。


 大人にとって、他人への接し方からその人を判断するのは必要不可欠な能力だ。今回の研究は初めて、言葉を話す前の赤ちゃんにも同様の判断能力があると結論付けた。また、この能力は成長過程で獲得した生き残るためのスキルで、道徳的な思考や行動の基盤になる可能性があるとしている
」として以下の実験を紹介している。



「米エール大学(Yale University)のカイリー・ハムリン(Kiley Hamlin)氏率いる研究チームは、生後6-10か月の赤ちゃんを対象に、3種類の実験を行った。


 1つ目の実験では、まず赤ちゃんたちに、木製の人形が丘を登ろうとする様子を見せた。なかなか登れずにいるところに、別の2つの人形が登場。1つは木製の人形を押して登るのを助け、もう1つは丘の下に突き落とし、登るのを妨害した。その後、あとから登場した2つの人形から1つを選ばせると、80%の赤ちゃんが助ける人形を選んだ。これは、助けた人形に対する「賛同」だと研究チームは指摘する。


 2つ目の実験で、この結果がさらに確実なものとなる。登山していた人形が、助けてくれた人形と妨害した人形のそれぞれに近づく様子を見せたところ、妨害した人形に近づいたとき、赤ちゃんたちは驚く様子を見せたのだ。


 3つめの実験では、特徴のない人形を新たに加え、助けた人形と特徴のない人形、妨害した人形と特徴のない人形からそれぞれ1つを選ばせた。すると、赤ちゃんたちは助けた人形、特徴のない人形をそれぞれ選んだ。


 研究チームは「『この実験は、言葉を話す前の赤ちゃんが、他人への接し方から個人を判断することを証明している』と結論付けている。(c)AFP/Marlowe Hood 」



まだ社会的判断力のない幼児が人助けをする人を好ましいと判断したということ、これは性善説を証明したようなものではないでしょうか?


こんな話を思い出しました。


ある未開民族社会では、大人も子供も老人をいじめるそうです。
というのは、それがその村の「善」だから。

どうしてそれが「善」なのかというと、経済的に非常に貧しいので労働力の衰えた老人がいなくなれば(=死ぬこと)、食い扶持が減って村の経済は助かるという構造があるからなのだと。

ここでは、子供がおじいさん、おばあさんをいじめてしまうというのがショッキングなところですが、ただそこには「経済」という媒介項が入っています。

つまり善悪を形作るのは経済のようです。


先ほどのニュースとこの話をつなぎ合わせると、人は先天的には善人だけれど、成長する過程で経済的要因によって性悪にもなり得ると。



最近のニュースによると、防衛省関係の人々がいろいろ金銭がらみの「悪い」ことをしているようですが、この人たちは「悪(ワル)」だから、こぅしたことをしたのではなく、カネ(経済)によって悪人になってしまったと考えることもできるかもしれませんね。

しかし、もちろんカネはかならず人を「悪」に導くというものでもなく、うなるほどカネを持っていても善人の人もいます。

先ほど子供が老人をいじめる村を紹介しましたが、こちらの町では、老人が子供のために無償の「善」を行っているようです↓


「現金10億円どーんと寄付 神奈川・大磯町の88歳女性


 ふるさとにどーんとビッグな恩返し-。神奈川県大磯町の横溝千鶴子さん(88)が米寿の誕生日を迎えた16日、「教育やスポーツ振興に役立ててほしい」と生まれ育った同県南足柄市に10億円を現金で寄付、市役所で贈呈式が行われた。

 市役所3階の会議室にピラミッド状に積み上げられた10億円は、1000万円の束が100個で、重さは約100キロ。市の本年度一般会計予算の6・7%、教育費の約53%に相当するプレゼントに職員らは思わず顔をほころばせた。

 横溝さんは旧南足柄村の出身。教育者の両親の元で育ち、戦後、高校教諭などを務めた後、夫(故人)と調理場設備関係の会社を興し成功した。1999年にも地元の大磯町に5億円を寄付し、障害者福祉施設の設立にかかわるなどしてきた。

 贈呈式で横溝さんは「ふるさとに恩返しできたのは人生最大の喜び。子供たちの教育のため、命ある限り続けたい」と穏やかな笑みを浮かべた。

2007/11/16 12:34 【共同通信】 」



横溝さんは巨額の財産を家族、親戚には残さないようです。
そんなことをすれば人間がダメになるからというのが、その理由だそうです。
さらには、一切無駄使いをせず、モノは大切に、壊れるまで大事に使うとのこと。

一方にカネの魅力に飲み込まれ、カネに支配されてしまう人がいて、もう一方にはカネの魅力などには一切、振り向きもせず、カネを支配し続ける人がいるようです。
例えれば、どうしようもない酔っ払いと、良い酒飲みみたいなもんでしょうか。

私もこうしたお金持ちになりたいものです。


話を元に戻せば、まあ、私自身は性善説を取りたいです。
そちらの方が気分がいいからという理由で。
スポンサーサイト

コメント

フルーツ・果物

フルーツ・果物を探すなら http://www.karakustr.com/100227/100246/

DVDレコーダー・プレーヤー・HDDレコーダー

DVDレコーダー・プレーヤー・HDDレコーダーを探すなら http://www.hvrdesigns.com/211742/200225/

バナー広告で30代女性の転職を考える

バナー広告とは、最もポピュラーなインターネット広告で、Web画面に貼られた広告主のリンク付き画像のことを言う http://inial.ellingtonrecords.com/

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tousinokokoro.blog47.fc2.com/tb.php/165-799d8c81

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。