プロフィール

株鳥風月

Author:株鳥風月
2003年より株式投資を始める。
詳しくは「はじめに」をご覧ください。

趣味:映画、音楽、読書など


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術」メアリー・バフェット、デビッド・クラーク著

長期投資、とりわけバリュー投資についての必読書は?と聞かれたら、私は迷いなくこの本を薦めます。

バフェット、この人にケチつけられる人はほとんどいないでしょう。
というのも、彼は、1万ドルから始めて今や資産300億ドルの世界で二番目のお金持ちになってしまった人なのですから。

バフェット本は何冊も出されていますが、この本がもっとも具体的に投資方法が書かれており、実用に足ります。

バフェットの投資の基本は徹底的に株価が安い時に買うということです。
当たり前と思われるかもしれませんが、これが実に難しい。よほどその企業について知っていて、自分の判断に自信を持っていなければ、その株が暴落している時に買いを入れられるものではありません。バフェットはこれは思った企業があれば、その株が買うのに適正な株価になるまで何年も待ち続けるとのこと。
そして一度、買ったらずっと保有し続けます(=Buy and hold)。

もっとも最近のバフェットはコカコーラ株を手放したあたりから中国株(ペトロチャイナ)や韓国株でも数年で売り抜け、彼としては比較的短期の売買をするようになっていますが。


バフェットの銘柄選択でもっとも読者をうならせるのは「消費者独占型企業」の話でしょう。

例えば村でたった一つの橋を所有していて、その通行料を取っている企業があるとすれば、この企業は競争から逃れ、しかも通行料からの収益は長期に渡って保障されるはずです。

こうした企業の例としてコカコーラ、フィリップ・モリス、ハーシー・フーズなどが挙げられます。またちょっと難しいけれど、EPSやROEなどの指標を使って企業の成長率を計算するところなどは一読、再読に値します。

長期投資、バリュー投資の初心者向けではないかもしれませんが、読み終えて力が湧いて来るような本です。

スポンサーサイト

コメント

文庫・新書

文庫・新書を探すなら http://www.leslieshomes.com/200162/209331/

インテリア設計士

インテリア設計士とは、インテリア空間ならびにインテリアエレメントの計画、設計、施行(製造)監理などに関して、高度な知識や技術を備えていると認められた者に、社団法人日本室内装備設計技術協会から与えられる http://darkly.wglorenzetti.com/

>シーゲル博士

「株式長期投資のすすめ」などがありますが、まだ読んだことないです。
ちょっと調べてみましたが面白そうですね。
ただこの人の長期投資擁護論はアメリカだからこそ成り立つということはないかどうか興味のあるところです。

私はシーゲル博士の本が一番好きです。

>株風さん

その「結果」もサブプライム問題でさびしくなるばかりで…。

私も日々、修行です。
共に精進しましょう。

結果を残している人の言うことばには
説得力があります。

風月さんのように結果が残せるように
修行中です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tousinokokoro.blog47.fc2.com/tb.php/168-aef15302

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。