プロフィール

株鳥風月

Author:株鳥風月
2003年より株式投資を始める。
詳しくは「はじめに」をご覧ください。

趣味:映画、音楽、読書など


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(続)「Z指数」は投資に使えるかを検証!

■Z指数3.0未満はどういう結果になるか?

昨日は、Z指数の過去2年間の投資パフォーマンスについて私の手持ちデータで検証してみた。

今日はもう一つ、見てみる。
昨日は04年3月に私が選んだ4社のデータを見たが、実は銘柄選択の過程でいくつかの企業はZ指数が3.0に満たなかったため、買い候補から外れて外れていた。
その中の一つが電響社。

Z4



電響社についてはZ指数が2.9だったため候補から外れたが、この企業には関心を持っていたので、04年12月になってまたZ指数を計算してみたところ今度は3.7となり、買い候補となった。

ここで調べてみたいのは、指数が2.9だった時と3.7になった時とでは、株価はどう違っていたかということである。

これをチャートで確認してみると、


もし04.3にZ指数が2.9でも銘柄にほれて電響社を買っていたとすると、04年4月から5月にかけての大幅な下落にぶつかり損切りを余儀なくされていただろう。

一方、04年12月の銘柄判断でGOサインを得て、05年1月から買いに入ったとすれば、その後、3月くらいまでのボックスを経て、その後は大幅に上昇している。

これは、やはりZ指数が3.0以下では買ってはいけないという一つの証明になるのだろうか?
たったの一例では何ともいえないが、気になるところではある。

そこでもう一つのデータを見てみる。
それは、Z指数が3.0未満のデータを、一つだけだが持っているので、それについて見てみることは、もしかすると3・0以上のものと、3.0未満のものとの“違い”を明確にしてくれるかもしれないからだ。

電響社以外で、Z指数が3.0以下のため買い候補を見送ったものはアマダであった。

Z5



この日経平均との比較はこうなった。


このチャートを見ると、昨日見た3.0以上のものに比べて少し頼りなさそうな感じはするものの、一応、日経平均以上のパフォーマンスを上げているので、このままでは比較にならない。

したがって比較したい銘柄の株価変化を数値化して比較するほかないだろう。

■Z指数に応じたパフォーマンスを数字で表すと

Z6



表は2004年4月4日の株価、そこから2006年2月27日までの中での最高値、そして2006年2月27日株価を表示してある。

これを見る限りではアトムリビンの2月27日までのパフォーマンスだけが日経平均より劣っているだけで、後のものはすべて日経平均を上回っている。

問題はZ指数が3.0未満のもののパフォーマンスは3.0以上のものに比較して劣っていたかどうかであるが、たしかにアマダについてはアトムリビンを除けば他の3銘柄より少し劣っているかもしれない。(しかし、現在まで保有したとすればそれほど悪い成績ではない)
また、電響社については決して悪くないし、3.0以上の銘柄と比較しても悪くない。
(これは電響社がその途中で3.0以上になったことを考慮すれば問題はなくなってしまうが)

また一番、Z指数の値が高かったソフト99はどんなパフォーマンスを上げるだろうかと期待していたが、結果はそれほどのものではなかった。

■とりあえずの結論

以上の調査はサンプル数が少なく、そこから何らかの結論を引き出すことは無謀といえるだろう。

ということを踏まえてあえて、結論らしきものをいってしまえば、次のようになるだろうか。

・Z指数と株主資本比率とを組み合わせた投資法はどうやら日経平均以上の成績を収める可能性が大きい。

・今回のサンプルの中には含まれなていないZ指数の小さい数字の企業がどうなるなるかは分からないが、2.4以上のものの間ではとりわけて結果に相違が出なかった。

・逆にZ指数が3.0よりずっと大きくても、そのことはパフォーマンスに結びつかない可能性がある。

私の数少ないサンプルではこんな結果がでましたが、皆さんもぜひやってみてください。
そして結果が出れば、このブログで公開していただければ、とても有益なデータになるのではないかと思います。

(もちろん暇のある方なら過去のデータを遡ることで、より大規模なサンプルを集めることはできますが…)


【後記】
Z指数、どうだったでしょうか?

先日、東京市場が今後、どうなるかを知るために過去を調べるのがいいと思い、日経平均のチャートを過去15年間分を重ねたものを作りました。
それをこのブログでアップしようと思ったのですが、①画像のアップロードの仕方が分からない、②officeについているペイント(ビットマップ形式)ではアップできない、③フリーの画像ソフトを2、3ダウンロードしてしたけれど使いこなせない…などで手間がかかり、ようやく画像のアップができたのが昨日。
ところが、その間に日経平均チャートがどこかに紛失してしまいました。
検索しても出てこないで、ほとほと途方にくれています…。

↓クリックよろしく。
ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tousinokokoro.blog47.fc2.com/tb.php/30-b2b833c2

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。