プロフィール

株鳥風月

Author:株鳥風月
2003年より株式投資を始める。
詳しくは「はじめに」をご覧ください。

趣味:映画、音楽、読書など


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュースから市況を読む

【国際】

「世界的な貯蓄過剰」説は依然有効=バーナンキFRB議長

米経常赤字拡大、途上国の貯蓄過剰が主因・FRB議長

●しばらく前からアメリカの「双子の赤字」、つまり莫大な貿易赤字(経常赤字)と財政赤字の並存が世界経済の不安定要素であることは、かなり以前から問題視されていたので、そのこと自体にサプライズはないが、その原因はアメリカ自身にあるわけではなく、他の国がお金をしっかり貯め込み、それでドルを買い焦っているから、アメリカはドル高に苦しむ結果になっているのだと、いうご都合主義的な“言い訳”が新FRB議長であるバーナンキの口から出たということはサプライズではないか。

カリスマ的ではあっても、少々毒の強すぎたグリーンスパンに変わって、このクールな人が新議長になったとき、(世界)市場はもう少しまともな頭脳を期待していたことを想起したかもしれない。



【経済】
2月の百貨店売上高0.5%増、スーパーは1.7%減

公示地価、東京都が全域平均で15年ぶり上昇

消費性向15年ぶり高水準・05年サラリーマン世帯74.7%


野村が参入、ネット証券競争激化 手数料は最低水準に

●百貨店の売上が伸び、都心では消費性向と土地が15年ぶりの高水準とくれば、内需が伸びていることをしめしている。
ということで小売、不動産ともに株価は上昇していますね。


* 百貨店が伸びて、スーパーは落ち込むというのは、何をしめしているか。
消費者レベルで消費が伸びていることは「消費性向15年ぶり高水準」に書かれているとおりです。

昨年はスーパーが伸びて、百貨店が伸び悩んでいましたが、それは消費者が少しお金に余裕ができたことを示しています。
例えば、1週間に1枚だけ買っていたロッテ・チョコレートを今度は2枚に増やすというように。

そして消費者のふところがもっと暖かくなると、今度はロッテではなく、ゴディバをデパートで買うというようになったということです。


* 昨年の経済記事には毎日のように「川上」ということばかりがいわれていましたが、06年に入って、いよいよ「川下」、つまり消費レベルまで景気上昇が広がってきたようです。
それは好景気が全般化するということであるけれど、同時に景気循環の最終局面でもあるわけですね。まあ、まだ時間はたっぷりありますが。

* あの証券界の王者野村がネット証券についに本気で参入とは。

2年前にネット証券評議会が発足したときの集まりで、松井会長は名前こそ出さなかったけれど、野村証券の批判に徹していた。
というより野村という巨象に怯える子犬の叫びのようだといった方が正確だったような。

その時、私は松井氏の恐怖を理解できていなかった。
でも、その後、高杉良の『小説 巨大証券』(講談社文庫、上・下)、『小説 新巨大証券』(同上、上・下)などを読むにつれ、少しだけその恐さが分かったような気がした。

ネット証券各社と大手が競争すれば、手数料は引き下げられるのだから、投資家としては大いに歓迎すべきなのだろうが、たぶん野村の側にネット証券と「競争」という考えはないと思う。
なぜなら「競争」とは同一線上に並ぶことを意味しているから。

野村が「小」証券会社と同じラインに立つということは、それら各社を踏み潰して進撃することでなければならないはずだ。

ネット証券をまず淘汰して、それから手数料を値上げなんてシナリオなんてことにならなければいいんですが。

ネット証券各社が巨象に踏み潰されないように祈っています。


【株式・証券】

東証大引け・反発、内需関連が上げ主導

新興市場24日・ジャスダック平均5日続伸

大手証券3社、今期はバブル後最高益


●公示地価、消費性向、百貨店などのニュースから「内需関連が上げ主導」したというのは、自然な動きでしょう。

*ジャスダックが「5日続伸」というのは、もちろんいいことです。
少し気になるのは、ジャスダック平均は少しづつですがが、確かに伸びています。
ところがジャスダック指数の方はほとんど上昇も下落もなく、ここ1週間ほど120のあたりを横滑りに動いています。

どちらがとるかは人それぞれの考え方ですが、気になるのはどちらで見ても勢いがないということ。

こんなこというと怒る人がいるかもしれませんが、来週、あるいは再来週、ジャスはもっと下げるんではないだろうか…。
少なくとも今は反発する力を持たないままに、ずるずる上昇してしまったという感じ。
ま、私の勘は外れることが多いので気にしないでください。

*最後に投資家の皆さん、儲かってますか?
私も冴えないですが。

今、巷では株で何億円儲けたとか、あなたも株で資産家にといったコピーを見かけますが、株で一番儲かっているのは、証券会社なのか…。

それなら証券会社の株を買うのが正解か?

↓ランキングに参加しています。クリックよろしく。
にほんブログ村 株ブログ
人気blogランキングへ


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tousinokokoro.blog47.fc2.com/tb.php/46-6049b07a

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。