プロフィール

株鳥風月

Author:株鳥風月
2003年より株式投資を始める。
詳しくは「はじめに」をご覧ください。

趣味:映画、音楽、読書など


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

某カリスマ・トレーダーの「一日3000万円」を検証する!

ネットや雑誌などでよく顔を見る某有名トレーダーが最近、本を出したので、どんなものか、買って読んでみました。

トレードの方法は別に目新しいものはなく、テクニカルの本、というより雑誌『zai』や『投資~』とかによく出ているテクニカルとほとんど同じようなもので、きわめてオーソドックスなものでした。

「直接指導」とうたっているように、後半に練習ノートのような実践編があるところなどが、“売り”なのかもしれませんが、ただ、この手の株本は最近、よく見かけるので、それほどの特徴ではないかなと。


本の腰帯には「一日3000万円を稼ぐカリスマトレーダー」とあり、巻末にはイートレード証券の取引き明細のコピーが出ています。
さすがにカリスマはすごいと思っていましたが、昨日、ふと、この明細を見ていて気になることがあったので、確かめてみました。

まずは問題の巻末ページから写します。

**************************

カリスマトレーダー・・・・の取引明細を公開!

以下に1日で3441万4000円の利益を得たトレードの取引明細書を公開します。


4345 シーティーエスの取引明細書(引用者註:以下の明細にはDDSの取引明細もいっしょに出ていますが、これは略します)

シーティーエス
(1行目)
保有株数92株
取得単価 528,934.78円
現在値 703,000円
評価損益 +16、014000円

12月2日(金)+16,014,000円(含み益)…株価703,000円


(2行目)
保有株数92株
取得単価 528,934.78円
現在値 803,000円
評価損益 +25,214、000円

12月5日(月)+25,214,000円(含み益)…ストップ高(803,000円)で含み益UP!


(3行目)
発注明細
注文株数 92株
約定単価 903,000円

12月6日(月)+34,414,000円(実現益)…ストップ高(903,000円)で利益確定!

**************************


以上が取引明細と著者(編集者?)がそれにつけたコメントです。

気になったといっても、ネットの世界でよく見かけるような、「これはバーチャルだ!」とか「明細を偽造したのだ」といったような生々しいものではなく、ごく当たり前の疑問にすぎません。


最初に思ったのは、1銘柄への投資金額の大きさ。これだと、

92株*528,934.78円で4千8百万以上になります。

いくらカリスマだとはいえ、これだけのものを1銘柄に、そして一日で買うなどということがあるだろうか?

というのが私の疑問でした。
1銘柄に大量の資金を注ぎ込むというのは、別に問題はないでしょうが、その場合には徐々に買いあがって行くのが普通ではないのだろうか?

また一日にそれだけの資金を使うというのも別に珍しくもないだろうが、その場合にはいくつかの銘柄に分散しているのではないだろうか?

とすれば、「一日」か「1銘柄」のどちらかに疑問が残るのなあと感じたのでした。


それで実際のシーティーエスの株価の推移を見てみました。
シーティーエス・チャート.


シーティーエスは2月7日に「1:3」の分割をしているので、上に挙げた数字を3で割ったものをチャート上で見ておく必要があります。

買い値528、934.78円を3で割ると、約176,312円ですが、チャートで見る限り、12月2日あたりは26万円くらいにしか見えないです。

これはいったいどうしたことなのか? 
と私は少し自信をなくしてしまいました。株式分割についての知識が自分には何か欠けているのではないだろうか、と。

しばらく考えてようやく一つの考えが浮かびました。

それは買い値528,934.78円の端数「0.78」円はその日の内に何度かに分けて買ったことを示しているのではなく、もっと以前から買っていたのではないかと。
そうすれば、先ほどまでの矛盾はいっぺんに解消されます。

では、いったいいつ買ったのかを調べてみます。

下の表はシーティーエスの株価時系列です。
シーティーエス時系列


これを見るとこの著者が一番早く買ったとしても、それは10月20日であるということになります。
なぜなら、それ以降に買い値と同額以下の日はないからです。

このトレーダー氏は92株を買っていますが、10月20日から25日にかけて出来高が膨らんでいるので、そのあたりに買ったのかもしれません。

もう一度、ここで整理してみると、このトレーダー氏は10月20日以前に買ったものを、12月6日に売ったというのが実際のトレードではなかったでしょうか。

そうすれば、この明細のつじつまが合います。

とすれば「一日で3000万円…」というのは、限りなく「ウソ」に近いものになってしまうのではないでしょうか。

買い値528,934.78円に対して売り値903,000円といえば、70.7%の上昇率。

これが、この明細から読み取れるように、2,3日で実現したというならたしかにすごいですが、1ヶ月半でとなれば、新興株ではよくあることで、その時期ならサイバーコミュやダヴィンチなどでその程度の急騰はあったので、別に驚くようなものではないでしょう。
まあ、種の大きさはかないませんが。

著者、あるいは編集者は私の指摘に対して、これを2,3日間の出来事と受け取ったのは読者自身の問題であって、この本のどこにもそんなことは明言していないというわあるでしょうか?

しかし、仮にそうした言い逃れをしたとすれば、今度は「デイトレ&スイング必勝法」というタイトルが問題になってくるでしょう。
どうしてデイトレ、スイングの本の実際の取引例として1ヶ月半の時間をかけたトレードはどうしても無理がありますから。


カリスマトレーダーといえば、この著者が誰だか分かったかもしれません。
しかし、断っておけば、私は彼を別に落とし込めようとか、何とかの皮をはぐなどという野蛮な気持ちはいささかも持っていません。

ここまで実績を上げたトレーダーを尊敬こそすれ、けなすなどという態度を取るはずもありません。


問題はこの本の編集でしょう。

本を売るために「カリスマ」を強調し、そのカリスマ性を証明するために、まるで数日の取引のように見せて明細を掲載したところこそが問題なのです。

ただ、編集者が問われなければならないのは当然としても原稿の最終チェックをしているはずの著者にももう少し自覚を持つ必要はあるのかなと思いますが…。

↓ランキングに参加しています。クリックよろしく。
にほんブログ村 株ブログ
人気blogランキングへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tousinokokoro.blog47.fc2.com/tb.php/50-102368b3

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。