プロフィール

株鳥風月

Author:株鳥風月
2003年より株式投資を始める。
詳しくは「はじめに」をご覧ください。

趣味:映画、音楽、読書など


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本株は底をつけたのか?

日経平均はさすがに少し下げましたが、昨日の翌日なので、これくらいの下げは仕方ないでしょう。

■テクニカル的に日経平均を見てみると

今日の下げ方はどう見ればいいのでしょうか?
午前中は15850円と15700円の間にいましたが、午後は崩れて15776円と15644円とのレンジに。

同じ下げるにしてもこうした下げ方というのは明日にも影響を残すような下げ方なので、あまり“良い下げ”ではないです。

にもかかわらず、それほど悪い感じがしないのはなぜか?
それは、一時的であるにしても昨日破られてしまった15600円の節目が、今日はまったく危険にさらされることなく終わったからです。

明日も、この節目が守られるなら日本株はようやく底をつけたといえるのではないでしょうか。
そのあたりのことは明日以降にもう少し詳しく書ければと思っています。

■ファンダメンタル的に見てみると

以下に簡単に株以外の様子を見てみると、

①円高は収まりつつあり、113円近くまで円安に戻している。
②新発10年債利回りは23日に1.795%まで下げたが、24日は1.85%程度まで上げている。
③原油、金、非鉄金属などは下げ渋っている。
④東証1部全銘柄の予想PERはちょうど20倍、225種の予想PERは19.2倍とかなり割安になっている。
⑤騰落レシオ(東証1部/25日)は5月18日の64.3を大底として上昇し始めている。(25日は72.8なのでまだまだ上昇余地がかなりある)

以上のことを総合的にみると、ファンダメンタル的に株価上昇の条件が出たというわk¥けでではないが、株・商品同時急落といったパニックは当面避けられたのかもしれません。
(もちろん、これを見定めるにはもう少し様子を見るべきでしょう)
そして一時的な総崩れが落ち着けば、今の日本株が売られすぎということ、PERとしても割安に近づいていることが見えてくるかと思います。

そうだ、言い忘れるところでしたが、今日時点でも日本企業の07.3期はやはりあまり期待できない感じで進んでいるようです。
ということはあまり「割安」には期待できないのか…。


↓ランキングに参加しています。クリックよろしく。
人気blogランキングへ
にほんブログ村 株ブログ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tousinokokoro.blog47.fc2.com/tb.php/96-b1362df6

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。